引っ越し 冷蔵庫 安い

引っ越しで冷蔵庫の運送が安い業者の探し方

引っ越し 冷蔵庫 安い

引越し 冷蔵庫 安い

引っ越し 冷蔵庫 配送

引っ越し 冷蔵庫 運ぶ

引っ越し 冷蔵庫 輸送

 

引っ越しで一番困る家財は、冷蔵庫ではないでしょうか?

 

冷蔵庫は大きなものでは100kgを超えますので、簡単に運ぶことはできません。

 

運ぶと言えば、宅配業者や引っ越し業者、郵便局や便利屋などが考えられます。

 

この中で毎日たくさんの冷蔵庫を運んでいるのは、引っ越し業者です。

 

冷蔵庫の運送は、時に玄関から搬入できずにベランダから吊り上げることもあります。

 

引っ越し業者は重い冷蔵庫で傷付けないように、床や壁にも保護材を巻いたりもします。
冷蔵庫の運送には経験が必要です。

 

しかし、できるだけ費用も抑えたい。
そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

200社以上の引っ越し業者が参加います。
その中からお住いの地域に対応できる引っ越し業者を最大10社選んで見積もりを取ってくれるのです。

 

引っ越し業者には大きな家財だけを運んで欲しいという依頼も多いのです。
お気軽にお問合せくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し業者の繁忙期とは

 

引越し 繁忙期

 

宅配業者での荷物の配送料金はどの時期でも同じ金額です。
当然、郵便局のゆうパックの送料もそうです。
当たり前ですが同じ荷物を同じ距離運ぶ場合に、値段が変わるなんてことはありません。

 

しかし引越し業者の場合は違います。
引越し業者は同じ量の荷物を同じ距離運んでも、運ぶ時期によって値段が大きく変わるのです。

 

なぜなら、引越し業者には「繁忙期」というものがあるからです。
引越し業者の繁忙期は1年で最も忙しい時期で、日本全国どこの引越し業者もネコの手も借りたいほどになります。

 

そして引越し業者の繁忙期は3月前後です。

 

3月が繁忙期となるのは、4月からの新学期の準備のために新大学生や新社会人が新しい環境に飛び込むからです。
寮に入ったり、一人暮らしをしたり、シェアハウスに入居するなど、引越しをする人が多いのです。

 

また春の人事異動で転勤が決まったサラリーマンとその家族の引越しもあります。
これに普通の引越し業務も加わって、それはもう大忙しとなるわけです。

 

この時期の引越し料金は1年で最も高いですから、出来ることなら繁忙期の引越しは避けましょう。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しのときはすることが非常に多いので、だいたいの手順を知っておくと無駄がなくて便利です。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家さんや管理会社への退去連絡し、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約
・引越しの日程を決めて、相見積もりを取って引越し業者を選ぶ

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものを荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止、など役所関係の書類を提出。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道などのインフラの停止手続き
・郵便物の転送手続き

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認
・荷解きと整頓
・新居こ゛近所への挨拶

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続き。゛
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更。

 

細かく見ていきましょう。

 

引越し費用ですが新居が決まってからでないと計算ができませんので、新居が決まったらすぐに複数の引越し業者から見積もりを取って料金やサービスを比較し、契約もしておきましょう。

 

不用品や粗大ゴミを処分するのは時間がかかりますので、荷造りなどの引越し準備は早めに取り掛かってください。

 

転出届などの市役所関係の書類の提出、電気などのインフラの停止と引越し当日までの料金精算方法の確認、郵便物の転送届を提出したら、いよいよ引越し当日です。

 

当日の荷物の運搬はスタッフにおまかせして、あなたは家財の配置を指示してあげてくださいね。
ただし貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で管理したほうが安心です。

 

引越ししたら合間をみて、ご近所へ挨拶に行きます。
時間が遅い場合は翌日に行きましょう。

 

転入届か転居届のいずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。

 

あとは銀行や運転免許証など住所変更が必要なものも、連絡して変更しておきましょう。

 

 

引越し業者ののオプションとは?

 

引越し オプション

 

引越し業者には別に料金がかかるオプションというサービスが存在します。
オプションとはどんなことをしてくれるものなのでしょうか?

 

以下のようなものが、引越し業者で行っている有料のオプションサービスです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中で依頼が多いのがエアコンの移設です。
エアコンは高価な家電なので自分で買って取り付けたのなら新居にも持って行きたいと思って当たり前です。
しかし、エアコンはコンセントを抜けばいい他の家電とは違って、配管などがあるため素人では移設が難しいです。

 

そこで引越し業者に依頼しておけば、エアコンの移設を専門のスタッフに手配してくれます。
自分で手配してもいいのですが時間にも費用にも追われますし引越し前と後に依頼しなければなりません。
費用もさほど変わらないのであればオプションを依頼したほうが楽です。

 

車の陸送もそうです。
自分で新居まで運べたらいいのですが、仕事が忙しい・運転が苦手・長距離を走る体力がないなどの理由で遠距離は運べないことも考えられます。
費用はかかりますが、車を買い換えることに比べたら安いものです。

 

このようにオプションはすべての人が必要ではないが、一部の人にはとても便利なサービスとなっているのです。

 

 

レンタカー引越し

 

レンタカー 引越し

 

レンタカーのトラックを借りて、冷蔵庫を自分で運べば運送費用が安くなるのではないでしょうか?
誰しも一度は頭をよぎるかもしれませんが、実際はどうなのでしょう?

 

いろいろとシュミレーションしてみました。

 

まず一般の人が運転できるトラックですが、普通免許で借りることのできるトラックは2t未満です。
レンタカーショップにあるトラックは1tトラックか1.5tトラックか軽トラックのいずれかになります。
荷台のサイズはだいたい以下のとおりです。

 

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

どれを選ぶかはほかに運ぶものの有無で選びましょう。
運ぶものが冷蔵庫の他にないなら、小回りの利く軽トラックがオススメです。

 

レンタル費用はどのトラックも1日7000円程度から借りることができますが、このほかに使った分のガソリン代も必要です。

 

ここで問題となるのが運送する距離です。

 

遠距離になると往復の交通費やガソリン代がかかるので、もしかしたら大手宅配業者の家財便のほうが安上がりかもしれません。
借りた営業所と違う営業所にトラックを返却することも可能ですが、その場合は結構高額な手数料がかかります。

 

トラックをレンタルして冷蔵庫を運ぶ場合は、近距離がオススメです。

 

 

引越しと近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたら,、ご近所にあいさつに行きましょう。

 

マンションやアパートであれば左右と上下の部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣のお宅まで行くのが一般的です。
それとマンションの管理人さん、大家さん、一軒家の場合はゴミだしのこともありますので自治会長さんなどにも挨拶しておくと良いですね。

 

挨拶に行くタイミングはできるだけ早くです。
一般的には引越し当日、遅くても翌日までに行きましょう。

 

引越しの時は案外長時間トラックが止まって作業をしていたり、足音が響きますから挨拶に行くことで印象を良くしておきましょう。

 

何か手土産を用意しておくと気持ち的にも行きやすいです。
高価なものでなく、500〜1000円程度のもので大丈夫です。

 

人気があるのは洗剤やタオルなどの消耗品、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品です。
第一印象は大事にしたいですね。